子どもにはどんなペットボトルのお水でも飲ませていいのか

子どもにはペットボトルのお水を飲ませている人が多いそうです。とくに乳児の粉ミルクを溶くときには、水道水は避け、かならずペットボトルのお水を使用するのが一般的になりつつあります。

理由はいろいろあると思いますが、この傾向が決定的になったのは原発事故ではないでしょうか。事故直後、福島から離れた町の水道水に放射能物質が検出されたという噂が流れました。あれをきっかけに、幼い子どもをもつ親は、子どもの健康のためにペットボトル入りのお水を選ぶようになったと思います。

ただ子どもの健康を願うなら、ペットボトルの中身もよく吟味すべきでしょう。水道水と違って安全だと思いがちですが、ボトリングされているお水の品質はさまざまです。なかには、子どもには負担の大きい成分を含んでいるお水もペットボトルで販売されています。

外国産のペットボトル入りミネラルウォーターは、幼い子どもの飲み水としてはたいてい不向きです。とくにヨーロッパで採水されるミネラルウォーターはやめるほうがいいでしょう。ヨーロッパ産のペットボトルに入っているお水は硬水です。日本のお水に比べると各種ミネラルの含有量がとても高いのが、欧州の天然水の特徴です。

過剰なミネラルを取り込むと、デリケートな胃腸をもっている子どもは体調を崩す危険があることを覚えておくべきだと思います。少しでも日本から離れた場所の、放射能の危険のない地域で採れるお水がいいだろうとわたしたちは考えがちです。しかし汚染の危険は少なくても、外国のお水は性質上子どもには合わないのです。

では子どもに安心して与えられるお水とはどんなものなのでしょうか。

ペットボトルのお水を使いたいというのであれば、せめて国産の軟水を詰めた製品を選ぶべきだと思います。

日本のお水はほとんど軟水です。軟水であれば、小さなお子さまでも負担なく安心して飲むことができます。ただ製品によっては、日本のなかでもミネラル分の多い湧き水をあえてボトリングしているものもあります。適当に買わず、製品の特徴とミネラル含有量をよくチェックして、かならず軟水の日本のお水を子ども用には選ぶといいでしょう。

軟水なら粉ミルクもよく溶けます。赤ちゃん用にも国産の軟水入りペットボトルをお勧めします。

現実には日本のお水は、ヨーロッパ産と比べてもまったく不安はないと思います。放射能を心配する声もありますが、水質基準に対する日本の規制はとても厳しいものです。それをクリアしているのですから、日本のペットボトルのお水は子どもにも安心して飲ませられる、汚染のないものだと信じています。わたしたち親がチェックすべきなのは、ミネラル過多のお水の入ったペットボトルは子どもに与えないということでしょう。