ペットボトルの水は水道水よりも本当に安全なのか

むかしは水を買って飲むなんて贅沢だと思われていたものでした。いまではミネラルウォーターのはいったペットボトルを持ち歩くことは、日本人にとって当たり前になっています。宅配を頼んで、家庭に水のペットボトルを常備している家庭もあるでしょう。わたしたちの日常のなかに、ペットボトル入りミネラルウォーターはすっかり浸透したといえそうです。

ミネラルウォーター派の人は、水道水はもう飲まないのでしょうか。個人差はありますが、水道水はできるだけ飲まないようにしている人も少なくありません。なかには、料理に使うお水までミネラルウォーターに代えた人もいると聞きます。

ミネラルウォーター中心の生活が選ばれる理由として、ペットボトルのお水は水道水よりも健康にいいという考え方があります。水道水に対して、臭い、消毒されているからナチュラルなものではないなどのマイナスイメージをもっている人は少なからずいます。反対にペットボトルの水に対しては、天然のもの、ミネラル豊か、美容にも効果があるなどのプラスイメージが普及しているようです。

しかし水道水は体によくない、ミネラルウォーターは健康にいいとばかりはいえません。

水道水と市販のミネラルウォーターは、適用されている法律がそれぞれ異なります。水道水の水質基準は国の水道法によって管理されています。それに対しペットボトル入りのミネラルウォーターは、食品衛生法で管理されています。これは市販のジュースやお菓子と同じ扱いです。法律上はミネラルウォーターは、市販のジュースやスナック類と同じ基準で、栄養や成分のチェックを受けているにすぎないともいえます。

日本の水道法の基準は厳しく、検査も厳密です。毎日飲み続けても健康被害がでないように、水質は何項目にもわたってチェックされています。それに対し、ミネラルウォーターに対して適用されている食品衛生法のチェック基準は少し緩めです。だって法律上はミネラルウォーターは嗜好品ですから。すぐに健康被害がでるようなものが含まれていなければ、食品衛生法の検査はパスすることができます。

これでも水道水は健康によくなく、ペットボトル入りミネラルウォーターのほうが優れているといえるでしょうか。ミネラルウォーターがよくないとはいいません。でもペットボトルのお水が水道水よりもかならず安全だとはかぎらないのではないでしょうか。